美容皮膚科

患者の気持ち

やのクリニック

医療法人社団康生会

美容皮膚科

ほくろ(色素性母斑)

俗に言う"ほくろ"とは、色素性母斑もしくは母斑細胞母斑のことであり、胎生期の神経堤由来の母斑細胞という細胞が増殖したものであり、増殖の仕方や部位によって様々な臨床像を呈します。

しみ

一般的にしみと言っても様々な種類があり、それぞれに治療法があります。
以下、よく見られる"しみ"について説明します。

1. 老人性色素斑

中年以降の男女にみられ、主に顔面、手背、前腕伸側などの露光部に境界明瞭な類円形の褐色斑が出現します。

2. 雀卵斑(そばかす)

小児期より出現し、思春期に最も濃くなることが多いです。直径2~3mmの小さい淡褐色斑が多発し、夏季の紫外線により悪化します。メラノサイトの増数はありませんが機能亢進により、メラニンが沈着することによります。

3. 肝斑

30 歳以降の女性に好発し、顔面に対側性に生じる淡褐色斑のことです。境界明瞭な淡褐色斑であり、顔面(とくに額,頬,口囲)に通常左右対称性にみられますが、下まぶたにはみられないことが特徴です。紫外線や女性ホルモンや洗顔時の摩擦が増悪因子と考えられており、季節性、年齢的変動があることも特徴です。

治療について

レーザー治療

メラニン色素に選択的に吸収される694nmの光を、1億分の数秒の間に数メガワットという強いエネルギーで照射するレーザー治療器です。
このため、正常な組織のダメージを最小限に、メラニンのみを破壊することができます。尚、治療の際に出血したり、傷跡が残ったりする心配がありません。

しみ・ほくろの治療にCO2レーザー

気になるホクロ、目立つシミにレーザーを照射し、除去します。
原因や症状にあった治療法をアドバイスいたします。 まずは医師にご相談下さい。

CO2レーザー

シミ (1平方センチあたり):¥12,100~
ほくろ:¥11,000~
ほくろ(小):¥7,700~
※大きさ、個数によりお見積り致します。

しみ・色素沈着の治療にハイドロキノン

しみ、色素沈着の色を漂白する薬です。
処方には医師の診察が必要です。
(効果の表れ方には個人差があります。)

ハイドロキノン

5g: ¥2,200
10g: ¥3,850

しみ・しわの治療にレチノイン酸クリーム

ターンオーバーを促進し、角層にたまったメラニンの排出をうながします。
コラーゲンなどを作る細胞を元気にし、お肌の弾力を高めます。

レチノイン酸クリーム

0.025%  5g:¥2,300
0.05%  5g:¥3,450
0.1%  5g:¥4,440
ハイドロキノンクリーム・トレチノインクリーム・VC(ビタミンC)ローション

ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニン色素を生成する酵素(チロシナーゼ)の働きを抑制し、メラノサイト(メラニン色素を造る細胞)の数を減少させる作用を併せ持っています。
そのため、ハイドロキノンを治療したい肌に塗布すると、シミが徐々に薄くなると共に予防する働きがあるのです。
トレチノインは、ビタミンAの一種で小じわ、シミ等のお肌のトラブルを改善する働きがあります。
またビタミンCにはメラニン色素を抑制する働きがあります。

VC(ビタミンC)ローション

30ml: ¥3,080
100ml: ¥9,900

しわ・表情じわの治療にヒアルロン酸注射

さまざまなシワに対応、目立ち始めたほうれい線や、老けた印象を与える額、眉間の“表情ジワ”などに効果的です。

ヒアルロン酸注射

¥55,000~/(1本~)

ピアス

ピアスのイメージ

この穴開けはピアスを販売している店や医師以外の人のよって容易に行われているために、いろいろなトラブルが生じてきます。医療機関以外でのピアスの穴開けは立派な医療法違反行為です。

当院では、トラブルのほとんどないチタンまたはシリコン製医療用ピアスを用いた穴あけを行なっています。また、万一のトラブルが生じた場合にも、すぐに専門的治療が受けられます。
また、2ヶ月後のピアスの初めての入替も費用に入っております。

チタンピアス・プラスチックピアス

両耳:  ¥7,260
片耳:  ¥4,730
3箇所: ¥10,890

当クリニックで用意しているピアスの中からお選びいただきます。
※金属アレルギーのある方はご相談ください。

※ピアスの穴あけ対応可能日は、お電話にてお問合せ下さい。

※料金は全て税込価格です。
※自費診療の価格については、予告なく変更することがあります。